<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 阿弥陀仏の本願に、一対一で真正面から向かう | main | 本願に帰する身とならせていただく道 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

阿弥陀仏の本願に向かう私、逃げる私

「安心問答」を読んでおります。ぜひお読みになってください。
2009-04-28 阿弥陀仏の本願に向かう、とは、どのようなことなのでしょうか
本願から逃げている私だからこそ、本願に向かわねば、本願から逃げまわる自分だと言うことはいつまで立っても分からないでしょう。
もちろん、阿弥陀仏の救いはただ今の救いですから、ただ今弥陀に救われるということです。
逃げる自分がわかってから、ようやく救われるというような時間的な差はありません。
本願に向かってというのは、ただ今救われるということです。

淳心房さんの今日のブログ「真偽検証」も、わかりやすく励まされたのでご覧になってください。
全く、本願力廻向の信心です。
「ただ南無阿弥陀仏」と聞かせて頂くのです。
そうなると、「こちらから用意するものは何もいらなかったなぁ。今まで計らっていた自分は間違っていたなぁ」と知らされます。
蓮如上人の「あら、心得やすの安心や」も、「そうだなぁそうだなぁ」と知らされます。

皆友 * - * 20:06 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:06 * - * - * - -

コメント

こんばんは。
本当に、逃げる私のままで、救って頂きました。
また訪問させて頂きたいと思います。
Comment by orima @ 2010/01/19 10:47 PM
「2009-04-28 阿弥陀仏の本願に向かう、とは、どのようなことなのでしょうか」、これは、orimaさんの質問だったのですね。いい質問をしてくださり、ありがとうございます。おかげで、よくわかりました。
Comment by 皆友 @ 2010/01/21 11:47 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ