<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 喜びを共有したい | main | 阿弥陀仏の本願には間違いがありません >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

阿弥陀如来の大悲心を思うと・・・

阿弥陀仏の本願、南無阿弥陀仏について多くの方とお話したいなぁと思っております。
南無阿弥陀仏を常に喜んでおられる方には、惜しみなく、どんどん私や未信の方に声をかけていただきたいなぁと思います。
独り喜ばれるのももちろん素晴らしいのですが、阿弥陀さまの広大な御心のまま精一杯、教人信に努めていただきたいと思います。
まだ救いにあっておられない方々とも、ぜひとも弥陀の浄土へ行かせていただきたいですから、何でも遠慮なくお話できる機会が増えればありがたいと思います。
お話していく中で、いろいろと感ずるものがあると思います。
電話やネット、また直接お話する機会が増えればいいなと思っています。また、自分からも増やしていきたいところです。
『御文章』でいうところの「信心の沙汰」をする機会、場が増えることを願っています。

自利利他に生きたいものですね。
「他力の信をえんひとは 仏恩報ぜんためにとて 如来二種の回向を 十方にひとしくひろむべし」
のお言葉のように生きたいものですね。



皆友 * - * 23:56 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:56 * - * - * - -

コメント

 前の記事にコメントしてしまいました。済みませんでした。
 ついでに、もう一言。複数人での信心の沙汰には功罪があるでしょう。相性の善し悪しもあります。
 1対1ではあがってしまうとか、上手く言葉で表現出来ない人とか、すぐ疑問を晴らしたい人には、願ったり、叶ったりでしょう。
 ものは試しでやってみませんか?
 皆友さんが、企画して、案内して下さるのをお待ちしています。
Comment by 冬薔薇 @ 2010/01/28 9:22 PM
冬薔薇さん、励ましてくださり、ありがとうございます。
Comment by 皆友 @ 2010/01/29 12:06 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ