<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 御文章のすすめ  | main | 喜びを共有したい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

法を仰いでいくことが大切

 法を仰いでいくことが大切とよくお聞きします。
「法」とは、阿弥陀仏の本願です。
今日の最後の学徒(仮)さんのブログの記事が素晴らしかったので、法を仰がせていただくのに繰り返し読ませてもらいました。
一部抜粋させていただきます。
--------------------------------------------------------------------
阿弥陀如来はずっとお喚びづめです。
先送りにすること、弥陀にはありません。
私は受け心が足りない、と言われますが、受け心を作れとは言われません。
受け心のないお前だから、受け心は私が作ろうと兆載永劫の御苦労になったのです。
私が今救われずにおかないのではなく、
阿弥陀仏が今、救わずにはおかないのです。
ただ、その弥陀の願いに信順するのみです。

------------------------------------------------------------------------------------
次に紹介するのは、
hiromiさんのブログのコメント欄にあった言葉ですが、なるほどと思ったので、皆さまも読んでみてください。
私が阿弥陀様を想って追いかけてのことではなかったのです。どこどこまでも、追いかけて捕まえて離してくださらない、私が忘れているときでも、ひたすら間断なく私を想って願ってくだされているのは阿弥陀様のほうだったのですね…。
皆友 * - * 12:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:57 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ