<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 常にふりそそがれでいる弥陀の大悲心 | main | 法を仰いでいくことが大切 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

御文章のすすめ 

「 安心問答」の宮田さんや「21世紀の浄土真宗を考える会」の近藤さんが、御文章の拝読を勧めてくださいます。
御文章のすゝめ
御文章のすゝめ  その2
投稿文:新しい御文章(仮称)

15年ほど前ですが、「世界の光親鸞聖人」ビデオの頒布のため、あるお宅を訪問した際にお会いした方で、弥陀の本願に救われたことを喜んでおられる方がありました。
その方も「凡夫往生の鏡」と言われる御文章を読むことを勧められたことをよく覚えています。

しかし申し訳ないことですが、昔の言葉で読みにくいという感じを持っていました。
今日の
hiromiさんのブログ
で紹介されていた本を購入して読んでみようと思います。
浅井成海監修『蓮如の手紙 お文・ご文章現代語訳』(国会刊行会)

紹介、ありがとうございます。
「法」を仰ぐによい書物は、すぐに紐解ける(ひもとける)ようにしておきたいと思います。
(「法」とは、「阿弥陀仏の本願」です。)
皆友 * - * 23:54 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:54 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ