<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本願に帰する身とならせていただく道 | main | 常にふりそそがれでいる弥陀の大悲心 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * - -

自力では信ずることが不可能

 今まで何となく心にひっかかっていた表現が、淳心房さんのブログを通して、なるほどと思わされました。
------------------------------------------------------------------------------------

難信とか、極難信と言われるのは、自力では絶対に信ずることが不可能だからです。
そして、その信心は如来回向の信心であることをあらわします。
-------------------------------------------------------------------------------------
21世紀の浄土真宗を考える会に紹介のあった記事からも、学ばせていただきました。

今日の安心問答の回答に、心あたたまりました。ありがとうございます
----------------------------------------------------------------------------------------------------

阿弥陀仏の本願は、老少善悪の人を差別されない本願です。弥陀をたのむ真実信心一つの救いです。それはなぜかといえば、罪悪深重、煩悩が燃えさかっているものを助けようとする願であるからです。
自己否定をするではなく、かりにダメな自分だと思っても自己にかけられた阿弥陀仏の大慈悲にどうか目を向けて下さい。自己を否定しても阿弥陀仏の救いとは何の関係もありません。**さんを救おうという阿弥陀仏の大慈悲は現在働いていますから、まったく自分を否定する必要はありません。煩悩熾盛の衆生を、哀れに思われただ今救うのが阿弥陀仏の本願ですから、ただ今救われて下さい。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
皆友 * - * 22:54 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:54 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ